交通事故に遭った時の最大の関心事は「賠償」問題

近年は自動車の安全性能が劇的に向上してきたこともあり、交通事故の発生件数は減少傾向にありますが、それでもこの社会から交通事故が無くなることはないと思います。
あなたが日常的に自動車を運転している方であっても、自転車を利用する方であっても、歩行者であっても、屋外に一歩出れば交通事故に巻き込まれるリスクは常にあります。

交通事故に遭った時の最大の関心ごとは、自動車の修理・買い替え、怪我の治療、そしてそれらの賠償の問題だと思います。

これら賠償問題のプロは弁護士です。
警察でも保険会社でもありません。
交通事故の賠償のご相談は必ず弁護士にされてください。

弊所は初回相談1時間無料です。

あなたの保険に弁護士特約があれば、保険会社の基準内で契約させていただきます(一部の保険会社は例外となりますが、それも事故態様によっては基準通りに契約させていただきます。)。
お気軽にご相談ください。

賠償交渉はプロに任せたほうが得策

よほど軽微な事故でなければご自身で賠償交渉をすることはお勧めしません。

事故の相手方が任意保険に加入しており、その保険会社と交渉する場合、保険会社は、あなたに弁護士がついている場合とついていない場合とで支払い基準を分けてきます。
多くのケースで弁護士が入ることにより賠償金額が増額します。

相手方に保険会社がついておらず、相手方本人が交渉に応じない場合にも諦めずに弁護士をご活用ください。
弁護士が入ることで交渉が進むこともあります。

弊所代表弁護士の上原子は、これまで多くの交通事故を取り扱ってまいりました。
死亡事案や後遺障害等級1級の重大事案から、ムチウチや物損のみの事案まで多数の経験がございます。
また、相手方が任意保険に未加入であったものの、交渉、訴訟と粘り強く回収に努め、現実に賠償を得られたケースもございます。

価格表

  • あなたの保険に弁護士特約がついている場合は、当該保険の範囲内で弁護士報酬をお支払いいただきます。(一部の保険会社は例外となりますが、それも事故態様によっては基準通りに契約させていただきます。)
  • 弁護士特約を付けていない場合には、下記の料金表にて弁護士報酬を算定します。
    ただし、ご状況に応じて、着手金を減額したり、あるいは、完全成功報酬制(着手金0円)にするといったご相談にも応じます。

●弁護士特約がない場合●

・着手金の減額または完全成功報酬制のご相談可能

経済的利益 着手金 報酬金
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え
3,000万円以下の場合
5%+90,000円 10%+180,000円
3,000万円を超え
3億円以下の部分
3%+690,000円 6%+1,380,000円
3億円を超える部分 2%+3,690,000円 4%+7,380,000円

ご相談事例最新5件