ビジネスにおける契約書の重要性

企業様からのご相談を日々お受けして感じることは、そもそも契約書の重要性にお気づきになっていない方がいらっしゃることです。

ビジネスにおいて、契約書は本当に重要です。

どんな口約束をしていても、契約書に口約束と異なる文言が入っていたり、あるいは口約束した内容が盛り込まれていなければ、合意内容としては契約書の文言が優先されてしまいます。

トラブルになってから、「口頭では○○と言っていたじゃないか!」と反論しても、信頼関係がある間なら取り返しがつくこともありますが、基本的には「でも契約書に△△と書いてあって、あなたはサインしているじゃないですか」と言われればそれまでです。

事業者と消費者の契約における消費者側の立場ならまだしも、企業どうしの契約において、「契約書には〇〇と書いてあるが、これは合意していない。」という主張は基本的には通りません。

契約書のチェック

契約書のチェックは、普段読み慣れていないと、最後まで読むこと自体手間がかかることです。更に、その文言を正確に解釈し理解することは中々難しいものです。

新規の取引等、特に重要な契約書については、専門家の確認を受けることをお勧めします。

契約書の作成

1 御社の軸となる取引

御社の軸となる取引については、御社独自の契約書を作成することをお勧めします。

基本的には同じような契約なのに、新規の取引先が現れるたびに、取引先が提示してくる契約書をチェックするというのは、効率が悪いといえます。

また、御社独自の契約書を御社に有利に作ってしまえば、すべての取引について有利な契約内容にすることができます。
御社の契約書があるということは、御社はその契約内容を熟知していますので、取引の予測可能性も生まれます。
当然、相手方から修正の要望を受ける可能性もありますが、御社の立場が強ければ、修正は受け付けないという態度にでることもできます。そのような立場でない場合にも、修正箇所は限定されていますので、検討するとしても大した手間にはなりません。

契約書の作成は、取引内容の有利性、予測可能性、取引の迅速性を叶えるものですので、一度はご検討いただきたいと思います。

2 特殊な契約のとき

また、スポットで特殊な契約をするときなども、是非弁護士をご活用ください。

一般の取引類型と異なる契約内容にするときは、法律の原理原則から考えて契約文言を作成する必要があります。
インターネットに掲載されているようなひな形をつなぎ合わせても、御社が本当に目指す契約内容に仕上がることは少ないです。
企業間取引に慣れた弁護士であれば、一般の契約類型に属さない契約書を必要十分な内容にすることが可能です。

 

  • 顧問契約を締結いただいている場合には、契約書チェックは顧問料金の範囲内(無料)、契約書作成については割引が適用されます。

価格表

契約書チェック・・・1通4万円

  • 契約内容の複雑さ、契約条項の多さにより多少の増額がありえます。
  • 修正の必要な個所があまりに多く、実質的に契約書作成と変わらない場合には、契約書作成としてご依頼いただく場合がございます。)

契約書作成・・・1通10万円~30万円

  • 契約内容の複雑さにより定めます。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6715-6917
【営業時間および電話受付時間】
平日:9時-21時 / 土日祝:10時-20時

ご相談事例最新5件