不動産は他の類型の事件に関連することが多く、複雑です。

不動産関連事件は、シンプルな建物明渡請求といった事案もありますが、

  • 相続
  • 離婚
  • 隣人トラブル
  • 保全・執行等の債権回収
  • 契約書改定

等の他の類型の事件に関連することが多いです。

また、不動産関連の事件は、必ずしも契約書の文言通りに事が進むとは限りません。
判例知識や諸々の費用、期間、労力等、実務的知識も踏まえて方針を固める必要があります。
幅広い知識・経験を有する弁護士にご相談ください。

価格表

経済的利益 着手金 報酬金
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え
3,000万円以下の場合
5%+90,000円 10%+180,000円
3,000万円を超え
3億円以下の部分
3%+690,000円 6%+1,380,000円
3億円を超える部分 2%+3,690,000円 4%+7,380,000円

※ 経済的利益は、土地、建物、借地権、借家権等の時価を参考にします。

ご相談事例最新5件