ご相談の予約

お電話またはメールにて、ご相談希望である旨お伝えください。
必要事項をお聞きし、弊所にて相談の可否を判断し、ご相談をお受けすることが可能であれば、日程調整をさせていただきます。
予約なしに突然ご来所いただくと、対応が困難な場合が多いです。
たまたま対応ができる場合にも、通常の法律相談料(30分単位5000円(税別))が発生しますので、ご注意ください。

ご相談の予約

ご相談日当日

1)費用

お電話またはメールにてご予約いただき、弊所にお越しいただいたお客様は1時間無料になります。オンライン相談は、通常の法律相談料となります。
1時間を超過した場合には、超過時間につき、通常の法律相談料が生じます。なお、別事件であっても2回目以降の相談料は通常の法律相談料となります。
ただし、相談料をいただいた後、受任(委任契約締結)に至った場合には、着手金から既払いの相談料を控除させていただきます。

2)持ち物

  • 相談内容に関係する資料
    (登場人物が多い場合は、手書きで結構ですので登場人物一覧メモや人物関係図があると法律相談が捗ります)。
  • 印鑑
    (即日、委任契約を締結する可能性もあるとお考えの場合は実印または認印でも結構ですのでご持参ください)。

3)内容

お話をお聞きし、ご質問に対する回答や今後とるべき方針についてご助言いたします。
また、正式にご依頼いただくこともありうる場合には、弁護士費用の見積もりを致します。
弁護士費用の見積もりは、その場でお示しが可能な場合もありますが、事案によっては追加で確認すべき資料があったり、近日中に事情の変化が起こりうる等の理由により、後日に、お示しさせていただく場合もございます。
弊所から見積もりをお出しした後に、相談者様において委任契約を締結するかご検討いただきます。

委任契約締結

委任事務の範囲、弁護士費用等の契約内容を記載した委任契約書を作成し、口頭でもご説明の上、調印します。
事案によっては、初回相談当日に委任契約書調印まで進むこともありますが、基本的には

  1. 相談
  2. 見積もり提示
  3. 相談者様においてご検討
  4. 契約書作成
  5. 調印

という流れになりますので、日を改めて委任契約締結に至ることが多いです。

ご相談日当日

弁護士業務着手

委任契約締結時に改めて今後の具体的な流れを確認します。
特別のご要望がない限りは、委任契約締結後、着手金をお支払いいただいた時点で、直ちに業務を開始します。

業務継続中の報告、打合せ

委任事務の業務開始後は、適宜、ご報告や打合せを行います。基本的には、電話、メール、FAX、郵便等で連絡を取り合い、状況に応じて対面での打ち合わせを行います。

依頼者様への報告や協議、意思確認を適切に行うことは、良い弁護士かどうかの重要な基準といえますので、この点は特に注意して進めてまいります。

終結

事件が終結した場合には、報酬金・未精算の実費のお支払い、お預かりしている金品や書類等の返却等を行います。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6715-6917
【営業時間および電話受付時間】
平日:9時-21時 / 土日祝:10時-20時