相続放棄・限定承認

人が亡くなると、残された遺族は、原則として、死亡した人の財産を受け継ぎます。これを相続といいます。相続発生時の選択には主に、単純相続、相続放棄、限定承認の3つがあります。今回は、相続放棄と限定承認について解説していきます。

 

■相続放棄
相続放棄とは、相続人が被相続人から財産を受け継ぐ権利を全て放棄することです。相続放棄をすると、被相続人が多額の借金を負っていた場合にもその支払義務を承継しなくてよいことになります。しかし、一度相続放棄すると基本的には後に相続人の地位を主張することはできませんので、その判断は慎重に行う必要があります。

 

■限定承認

限定承認は、例えば、負債がたくさんあるものの、実家だけは残したい場合や相続人にとってプラスまたはマイナスになるか把握できていない場合に、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産の相続をするものです。

 

相続放棄や限定承認は、家庭裁判所に申立てをする必要があります。
相続放棄や限定承認をする期限は、相続人が被相続人の死亡を知った日から3ヶ月以内です。この期間を熟慮期間と呼びますが、熟慮期間を延長することも可能です。しかし、熟慮期間内に何も行動しなければ、自動的に単純相続を選択したことになります。

 

弁護士法人ポルト法律事務所は、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、川崎市を中心とした東京都、神奈川県にお住まいの皆様をはじめ、多くのご相談を承っております。相続や不動産トラブルだけでなく、離婚問題、交通事故など法律問題でお困りの際は、弁護士法人ポルト法律事務所までご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

事務所概要

Office Overview

事務所名 弁護士法人ポルト法律事務所
代表者 上原子 将巨(かみはらこ しょうだい)
所在地 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-7-11 ルミエールビル601
連絡先 TEL:03-6715-6917 / FAX:03-6715-6924
対応時間 平日:9:00-21:00 / 土日祝:10:00-20:00
アクセス 自由が丘駅 南口から徒歩1分
  • 事務所の写真