交通事故に関する基礎知識や事例

Basic Knowledge

■交通事故発生から解決までの流れ
交通事故が発生した場合には様々な手続きが必要となります。
以下に主な流れをご紹介いたします。

〇事故発生
交通事故が発生した場合には、どのような被害があったかを確認し、同時に保険会社や警察へと連絡することとなります。
この時、警察における処理としては発生当時に当事者にケガがなかったことから「物件事故」として処理されてしまうことがあります。
これに対し、後日であってもケガが発生した場合には警察へ届け出ることで「人身事故」として扱ってもらうことが重要です。

〇治療
治療段階では、医師に対しどのような痛みがどの程度残っているのか具体的に主張し、適切に症状を認定してもらう必要があります。
ここで症状として医師に認識されることにより、のちの「症状固定」や「後遺障害等級認定」が確実になります。

〇症状固定
症状固定とは、ある時点からそれ以上治療をしたとしても改善が見られないだろうと思われる場合に、事故によって負ったケガの程度を確定させることをいいます。
すなわち、その時点で残ってしまったケガは後遺症として認められやすくなるため、後遺障害の等級に応じ交通事故の慰謝料などによって請求できることとなりますが、反対に症状固定のあとに新たに生じてしまったケガは後遺症として認められないため、慰謝料などにより請求しにくくなってしまいます。
そのため、症状固定の際に漏れなく後遺障害が認定されるよう、治療中の段階で自分の怪我や後遺症の状況を明確に医師に伝え、主張していくことが重要となります。

〇後遺障害等級認定
主治医に後遺障害診断書を作成してもらったうえで、後遺障害等級認定をしてもらいます。

〇示談案の提示と示談交渉
前述の後遺障害等級やその他さまざまな損失を加味したうえで、どの程度の金額を加害者は被害者に対して支払うかを交渉により決定します。
こうした交渉がうまくまとまらなかった場合には、訴訟を通じて解決することとなります。
弁護士法人ポルト法律事務所は、東京都自由が丘駅から徒歩2分に位置する相続、不動産トラブルに強い法律事務所です。
また、それ以外につきましても、離婚、労働、借金、刑事、交通事故、後見、企業法務、債権回収といった様々な分野につきまして、東京都世田谷区、大田区、目黒区、品川区、神奈川県川崎市といった関東にお住まいの皆様から広くご相談をいただいております。
交通事故に関するトラブルについてお悩みの方は、お気軽に弁護士法人ポルト法律事務所までご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

事務所概要

Office Overview

事務所名 弁護士法人ポルト法律事務所
代表者 上原子 将巨(かみはらこ しょうだい)
所在地 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-7-11 ルミエールビル601
連絡先 TEL:03-6715-6917 / FAX:03-6715-6924
対応時間 平日:9:00-21:00 / 土日祝:10:00-20:00
アクセス 自由が丘駅 南口から徒歩1分
  • 事務所の写真