相続放棄 できない

  • 相続放棄・限定承認

    そして、相続方法には相続放棄、単純相続、限定承認の3つがあります。今回は、相続放棄と限定承認について解説していきます。 ■相続放棄相続放棄とは、相続人が被相続人から財産を受け継ぐ権利を全て放棄することです。相続放棄をすると、相続人に復帰することはできません。しかし、被相続人が多額の借金を負っていた場合は支払いが免...

  • 離婚の種類と手続

    この方法は、稀なケースで、実質的な合意が取れているにも関わらず、どちらか片方が出頭できないなどの理由がある場合が該当します。ただし、これも夫婦のどちらか一方が、告知から2週間以内に、異議を申し立てた場合には、効力を失います。 ・裁判離婚そして、上記のいずれの方法でも離婚が成立しなかった場合、訴訟を起こして解決を目...

  • 離婚とお金のこと

    2人の協議では決定できないような場合は、裁判所での調停や審判によって決めることもできます。 ・3号分割3号分割とは、合意分別と異なり、夫婦間の協議なしに1人で請求できる分割方法のことです。夫婦のうち、婚姻期間中に国民年金第3号被保険者であった方が請求できます。この国民年金第3号被保険者とは、「国民年金の加入者のう...

  • 債権の時効について

    そのため、自分だけでは解決できないことは少なくありません。さらに、債権に時効が存在することから、債権回収に時間がかかると、時効によって債務者の支払い義務が消滅してしまうため、注意が必要です。ここでは、債権の時効についてご紹介します。 ■債権の消滅時効とは債権には、消滅時効が存在します。消滅時効とは、権利を行使しな...

  • 債権回収の手続きにおける手段・方法

    また、相手の住所がわからない場合には利用できないという点にも注意が必要です。 ・仮差押仮差押とは、訴訟を起こしている間に債務者が財産を処分してしまうことを防ぐ目的で、相手の財産を差し押さえておく手続きのことを指します。また、訴訟や弁護士による交渉では、弁護士が債権者の代理人になり、訴訟を起こしたり、交渉したりしま...

  • 成年後見

    判断能力が低下しているために、自身の財産管理について合理的な判断が全くできないと判断される場合、後見人がつけられます。具体的には、簡単な買い物が十分にできないような場合、制度の対象となります。また、判断能力が完全に失われているような場合も、制度の対象に該当します。成年後見以外にも、補助と補佐が存在します。・補助と...

  • 債務整理

    自己破産とは、借金が返済できないことを裁判所に認めてもらい、支払いを免除してもらう手続きのことです。ただし、裁判所は申し立てた本人の収入や借金した理由などを考慮し、免除するか判断します。また、債務を免除する代わりに本人の財産を差し押さえる必要があります。 (2)任意整理任意整理とは、借金している方がお金を貸してい...

よく検索されるキーワード

Search Keyword

事務所概要

Office Overview

事務所名 弁護士法人ポルト法律事務所
代表者 上原子 将巨(かみはらこ しょうだい)
所在地 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-7-11 ルミエールビル601
連絡先 TEL:03-6715-6917 / FAX:03-6715-6924
対応時間 平日:9:00-21:00 / 土日祝:10:00-20:00
アクセス 自由が丘駅 南口から徒歩1分
  • 事務所の写真