少年事件 弁護士 つけ ない

  • 成年後見

    しかし、財産の管理だけでなく、定期的に家庭裁判所に報告書を提出する必要があることから、制度を利用したいが手間がかかることから利用しない方も少なくありません。 成年後見は弁護士に依頼することが可能です。弁護士に依頼することで、手間をかけることなく、成年後見制度を利用することに繋がります。ここでは、成年後見について詳...

  • いじめ問題

    ■いじめ問題を弁護士に依頼するメリットとはいじめ問題は、加害者側も被害者側も、その問題解決には一定のむずかしさが存在します。具体的には、学校内部、しかも生徒間で起こった個人的な「やった、やらない」という事実関係であるため、当事者間で主張が食い違ってしまうことも多く、白黒決着をつけづらいという点があげられます。 

  • 少年事件

    少年事件とは少年事件とは、20歳未満の未成年を対象とする刑事手続きをいいます。なお、その対象は3種類に大別されており、14歳以上である「犯罪少年」、14歳未満である「触法少年」、その性格や環境から将来罪を犯す恐れがあると判断される「虞犯少年」が存在します。この区別により刑事責任の有無、すなわち逮捕されることがあ...

  • 過払金回収

    弁護士が債務を負っている方と貸金業者との取引履歴を調査し、過払金の金額を計算します。 (3)過払金請求 (4)訴訟提訴貸金業者が交渉に応じない場合は、弁護士が裁判所に訴訟を提訴します。 (5)合意書の作成貸金業者が交渉に応じれば、双方によって合意書が作成されます。 (6)過払金回収 上記(4)の通り、双方の交渉が...

  • 遺産分割

    相続人が知らないまたは遺言書に記載がない遺産がある可能性があるため、相続財産調査を行います。 ③遺産分割協議書の作成被相続人の遺産を理解した上で、遺産の分割方法や相続割合について協議をします。協議で皆が一致した点を書きとめ、相続人全員が署名押印すれば完成です。完成後は文書を全員分印刷します。 相続問題に関する手続...

  • 不動産売買

    確実な契約書を作成し、「そういえば」とあとから後悔しないような不動産取引を行うことが重要であり、作成上不安な点があれば弁護士などの専門家に相談するのも良策です。具体的に策定し、確認しておくべき契約書の内容としては以下のようなものがあげられます。 ・当事者の氏名や住所について・売買の対象となる不動産の面積、所在地、...

  • 隣地との紛争

    もっとも、住宅を擁した隣人とは長い付き合いになることが想定されるため、ことを荒立てたくないのも実情です。そこで、以下のような解決方法が考えられます。 ・弁護士への相談弁護士に相談した場合、費用はかかりますが、隣人と直接交渉することを回避し、法的に有利な形で話し合いを進行させられるとともに、もし裁判になってしまった...

  • 離婚の種類と手続

    夫婦間の協議のみで成立するため、法定の離婚原因や裁判所の手続きを必要としないことが特徴です。しかし、何らかの事情を抱えた夫婦間での話し合いが求められることから、お互いの感情が先行し、その後のトラブルに繋がりやすいと言えます。また、養育費や面会交流、慰謝料、財産分与などについてきちんと取り決めることが重要です。協議...

  • 離婚とお金のこと

    そのため、離婚するからといって、誰もが慰謝料を請求できるわけではないという点に注意が必要です。慰謝料を請求することは可能かどうか、慰謝料の金額がどのくらいになるかは、ケースによってさまざまです。 ■財産分与離婚する際、配偶者の財産をお互いに分けることになります。それは、配偶者の財産は、パートナーの協力があって築く...

  • 債権の時効について

    しかし、債務者が支払いに応じてくれない場合や、対応を拒否する場合も中には存在します。そのため、自分だけでは解決できないことは少なくありません。さらに、債権に時効が存在することから、債権回収に時間がかかると、時効によって債務者の支払い義務が消滅してしまうため、注意が必要です。ここでは、債権の時効についてご紹介します...

  • 債権回収の手続きにおける手段・方法

    債権回収には、内容証明郵便や支払督促、仮差押、弁護士による交渉、訴訟など、さまざまな方法があります。 ・内容証明郵便内容証明郵便とは、通知を送った日付、送り先、内容を郵便局が証明してくれる郵便のことを指します。そのため、内容証明郵便による請求を行うことで、相手の支払いを促進することが可能です。具体的には、期限内に...

  • 顧問契約

    そして、予防法務の一環として弁護士と顧問契約を締結することが考えられます。弁護士と顧問契約を結んでおけば、好きな時に気軽に弁護士に相談することができます。そのため、法律問題が訴訟などに発展してしまう前にしっかりと紛争の発生を予防することが可能になります。 さらに、もし法律問題が訴訟などの紛争に発展してしまった場合...

  • 示談交渉

    この示談交渉には、事故の当事者が自ら交渉を行う方法と、弁護士に交渉を依頼して行う方法という2種類が存在します。無論、事故の当事者が自ら示談交渉を行ったほうが弁護士に依頼するよりも費用は安く済むことなどから、弁護士に依頼せずに自ら示談交渉を行う方が少なくありません。では、弁護士に示談交渉を依頼することのメリットはど...

  • 賠償問題

    〇交通事故によりケガを負い、どの程度のケガなのか確証はない(これから新たな症状に気づく可能性がある)が、保険会社から症状固定(交通事故のケガの程度を確定させること)をすすめられ、その結果新たに生じたケガの慰謝料が請求できなかった 〇なんとなく慰謝料を提示された額で認めたが、後から調べたらもっと多くの種類、金額の慰...

  • 債務整理

    自己破産とは、借金が返済できないことを裁判所に認めてもらい、支払いを免除してもらう手続きのことです。ただし、裁判所は申し立てた本人の収入や借金した理由などを考慮し、免除するか判断します。また、債務を免除する代わりに本人の財産を差し押さえる必要があります。 (2)任意整理任意整理とは、借金している方がお金を貸してい...

  • 未払い残業代請求

    残業代支払い請求権は3年で時効にかかってしまうので、時効消滅させないために、相手方に内容証明郵便で残業代を支払うように請求をします。 ・示談交渉未払いの残業代を払ってもらえるように会社と交渉をします。 ・労働審判示談交渉がうまくいかなかった場合には裁判所で労働審判を行います。労働審判はおおむね2ヶ月半から4ヶ月程...

  • 相続放棄・限定承認

    限定承認とは、例えば、財産が相続人にとってプラスまたはマイナスになるか把握できていない場合があった際に、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産の相続をすることができます。その方法が限定承認です。つまり、マイナスの財産をプラスの財産で負担するということです。したがって、相続人が自費で返済する必要がありません。相続放棄...

  • 任意後見

    判断能力が低下してから、後見人が選任されることになると、本人が本当にそれを望んでいたかがわからない状態となります。その一方で、任意後見制度であれば、判断能力があるうちに、この人であれば任せられるという本人の意思に基づいて、決定することが可能であるというメリットがあります。つまり、任意後見制度を活用することで、自分...

よく検索されるキーワード

Search Keyword

事務所概要

Office Overview

事務所名 弁護士法人ポルト法律事務所
代表者 上原子 将巨(かみはらこ しょうだい)
所在地 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-7-11 ルミエールビル601
連絡先 TEL:03-6715-6917 / FAX:03-6715-6924
対応時間 平日:9:00-21:00 / 土日祝:10:00-20:00
アクセス 自由が丘駅 南口から徒歩1分
  • 事務所の写真