不動産トラブル とは

  • 遺産分割

    遺産分割とは、相続人全員が亡くなった方の財産を分割する行為のことをいいます。分割方法は法定相続分によるものと遺言によるものがあります。以下で、2つの分割方法についてご説明します。 ■遺産分割の方法①法定相続分による遺産分割法律によって定められている相続人は、順位に従って遺産を相続することができます。 ②遺言による...

  • 相続放棄・限定承認

    相続放棄とは、相続人が被相続人から財産を受け継ぐ権利を全て放棄することです。相続放棄をすると、相続人に復帰することはできません。しかし、被相続人が多額の借金を負っていた場合は支払いが免除されるということになります。 ■限定承認限定承認とは、例えば、財産が相続人にとってプラスまたはマイナスになるか把握できていない場...

  • 不動産売買

    ■不動産売買におけるトラブルとは?不動産取引においては、その規模や資産価値の大きさ、取引期間の長さといった観点から様々なトラブルが生じてしまいがちです。具体的なトラブルとしては以下のようなものがあげられます。 ・不動産に水漏れなどの重大な物理的欠陥があった・購入した土地において以前事件が発生しており、精神的欠陥が...

  • 隣地との紛争

    もっとも、住宅を擁した隣人とは長い付き合いになることが想定されるため、ことを荒立てたくないのも実情です。そこで、以下のような解決方法が考えられます。 ・弁護士への相談弁護士に相談した場合、費用はかかりますが、隣人と直接交渉することを回避し、法的に有利な形で話し合いを進行させられるとともに、もし裁判になってしまった...

  • いじめ問題

    ■いじめ問題を弁護士に依頼するメリットとはいじめ問題は、加害者側も被害者側も、その問題解決には一定のむずかしさが存在します。具体的には、学校内部、しかも生徒間で起こった個人的な「やった、やらない」という事実関係であるため、当事者間で主張が食い違ってしまうことも多く、白黒決着をつけづらいという点があげられます。 

  • 少年事件

    ■少年事件とは少年事件とは、20歳未満の未成年を対象とする刑事手続きをいいます。なお、その対象は3種類に大別されており、14歳以上である「犯罪少年」、14歳未満である「触法少年」、その性格や環境から将来罪を犯す恐れがあると判断される「虞犯少年」が存在します。この区別により刑事責任の有無、すなわち逮捕されることがあ...

  • 過払金回収

    過払金回収とは、上限を超えて支払った過払金が自分のもとに返還されることをいいます。過払金を回収するまでには、何点か手順を踏む必要があります。 ■過払い金回収の流れ(1)受任通知貸金業者に対して、過払金の返還請求を受任したことが記載されている通知を発送します。これによって、債務の支払い請求が一時的に停止します。 

  • 離婚の種類と手続

    協議離婚とは、夫婦の話し合いにより成立する離婚です。夫婦間の協議のみで成立するため、法定の離婚原因や裁判所の手続きを必要としないことが特徴です。しかし、何らかの事情を抱えた夫婦間での話し合いが求められることから、お互いの感情が先行し、その後のトラブルに繋がりやすいと言えます。また、養育費や面会交流、慰謝料、財産分...

  • 離婚とお金のこと

    離婚における慰謝料とは、パートナーの浮気や暴力などを理由に離婚せざるを得なくなり、精神的苦痛を感じた場合に支払われることになる損害賠償のことをいいます。そのため、離婚するからといって、誰もが慰謝料を請求できるわけではないという点に注意が必要です。慰謝料を請求することは可能かどうか、慰謝料の金額がどのくらいになるか...

  • 債権の時効について

    そのため、自分だけでは解決できないことは少なくありません。さらに、債権に時効が存在することから、債権回収に時間がかかると、時効によって債務者の支払い義務が消滅してしまうため、注意が必要です。ここでは、債権の時効についてご紹介します。 ■債権の消滅時効とは債権には、消滅時効が存在します。消滅時効とは、権利を行使しな...

  • 債権回収の手続きにおける手段・方法

    内容証明郵便とは、通知を送った日付、送り先、内容を郵便局が証明してくれる郵便のことを指します。そのため、内容証明郵便による請求を行うことで、相手の支払いを促進することが可能です。具体的には、期限内に支払わなければ、法的措置を講じる旨を明記することで、支払いを促すことに繋がります。相手との債務者との関係を考慮した上...

  • 顧問契約

    相続、不動産トラブルをはじめとして離婚、労働、借金、刑事、交通事故、後見、企業法務、債権回収に関するご相談を受け付けておりますので、何かお困りごとがございましたらお気軽に当事務所までご相談ください。

  • 任意後見

    任意後見制度とは、将来判断能力が不十分な状態になった時に備えて、あらかじめ選任した人に代理人として財産管理等を任せることができる制度のことです。この制度は、本人の自己決定権を尊重し、自身で後見人を選ぶことができる制度となっています。法定後見制度との違いとして、判断能力があるうちに、後見人を選任するという点が挙げら...

  • 成年後見

    ・成年後見とは判断能力が低下しているために、自身の財産管理について合理的な判断が全くできないと判断される場合、後見人がつけられます。具体的には、簡単な買い物が十分にできないような場合、制度の対象となります。また、判断能力が完全に失われているような場合も、制度の対象に該当します。成年後見以外にも、補助と補佐が存在し...

  • 示談交渉

    弁護士法人ポルト法律事務所は、東京都自由が丘駅から徒歩2分に位置する相続、不動産トラブルに強い法律事務所です。また、それ以外につきましても、離婚、労働、借金、刑事、交通事故、後見、企業法務、債権回収といった様々な分野につきまして、東京都世田谷区、大田区、目黒区、品川区、神奈川県川崎市といった関東にお住まいの皆様から...

  • 賠償問題

    弁護士法人ポルト法律事務所は、東京都自由が丘駅から徒歩2分に位置する相続、不動産トラブルに強い法律事務所です。また、それ以外につきましても、離婚、労働、借金、刑事、交通事故、後見、企業法務、債権回収といった様々な分野につきまして、東京都世田谷区、大田区、目黒区、品川区、神奈川県川崎市といった関東にお住まいの皆様から...

  • 債務整理

    債務整理とは、債務を負っている人が借金を減らしてもらったり、返済期限を延長してもらうための手続きのことです。債務整理には、自己破産、任意整理、個人再生、過払金請求の4種の手続き方法があります。 (1)自己破産自己破産とは、借金が返済できないことを裁判所に認めてもらい、支払いを免除してもらう手続きのことです。ただし...

  • 未払い残業代請求

    相続、不動産トラブルをはじめとして離婚、労働、借金、刑事、交通事故、後見、企業法務、債権回収に関するご相談を受け付けておりますので、何かお困りごとがございましたらお気軽に当事務所までご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

事務所概要

Office Overview

事務所名 弁護士法人ポルト法律事務所
代表者 上原子 将巨(かみはらこ しょうだい)
所在地 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-7-11 ルミエールビル601
連絡先 TEL:03-6715-6917 / FAX:03-6715-6924
対応時間 平日:9:00-21:00 / 土日祝:10:00-20:00
アクセス 自由が丘駅 南口から徒歩1分
  • 事務所の写真